iPhoneから何でもする人のブログ

パソコンを手放した人がiPhoneから色々するブログ

iMovie(iOS版)の使い方

iMovieで簡単な動画の作り方をご説明します。
音声と画像でパラパラと動画が作れます。
まず、起動して+マークをタップします。

ムービーを選択します。


使用する画像を選びます(選び損ねても後で修正できます)
「ムービーを作成」をタップ。


タイムラインの画像をタップすると、Ken Burnsをお好みでオフにしたり調整できます。

音声を入れてみます。

ボイスオーバーで入れても良いですが、そっちの方が難しいので、
デフォルトのボイスレコーダーのアプリで事前に録音→カットなどを行う→iCloudに保存→iCloudから呼び出し
をすると簡単だと思います。

挿入したい位置に白い線を移動させる。
プラスマークをタップして音声を挿入。

タイムラインの画像をタップして画像を表示する長さを調整します。

一通り挿入できたら、再生ボタンでチェックします。
OKでしたら、左上の「完了」をタップ。
プロジェクトとして保存されます。
ビデオとして出力するときは

共有ボタンをタップし、「ビデオを保存」を選択。
お好みのサイズを選択。
(画像があまり重要ではない時は、中サイズでも十分聞き取れる音声です)
ムービーが書き出しされます。

YouTubeに投稿することもできます。
共有ボタンでYouTubeを選択するとログインが求められます。
ログインしたら、まずは非公開でアップロードすることをオススメします。

タイトルやカテゴリは設定しておいて、説明とタグは後でSafariを使ったり、公式のStudioというアプリで入れた方が楽です。
右上のshareをタップするとムービーの書き出しとアップロードが始まります。


アップロードされるとアクセスなどが選べる画面になりますが、アップロードしたばかりの時は動画が準備されていないのでアクセスしても表示されません。
少し時間を置いてください。

以上が簡単なiMovieの使い方でした!