iPhoneから何でもする人のブログ

パソコンを手放した人がiPhoneから色々するブログ

YouTubeを本格的にやるなら字幕機能を使うべき

YouTuberになるのであれば、字幕機能は使っていくべきだと思うんですよ。
だってYouTube側としては動画の内容も検索内容に含めて、検索の精度を上げてユーザーに提供したい訳じゃないですか。
今のように音声検索が出来るようになっても、動画の内容まで自動で検索するのは難しいですし。
派手な字幕に出来ないから使っていない人が多い気がするんですが、検索性を上げるためにも使った方が良いと思うんですよね。
動画の編集技術を上げつつ、こういった細かい設定をすると、聴覚に障害がある方にも優しいですし、YouTube側の意図にも沿っていると思うんです。
そこで、比較的簡単にできる字幕の付け方をご紹介します。

iPhoneから無理やりするのも、パソコンから字幕をつけるのも手順は一緒です。
現時点(2017/06/23)ではiPhoneアプリ(Studio)では字幕作成機能は利用できません。
スクショはiPhone7plusのものですが、

絶対パソコンでやった方が楽です。

大切な目の為にも、パソコンからやってくださいね。
なぜわたしがiPhoneでやっているのか。
自分でも意味がわからないです。
でも、人と違うことをやらなければならない気がしたので。
iPhoneで色々やる時に必要なのは忍耐です。
(金銭的に余裕ができるまでiPhoneからになるのでは。わたしはドMか。)

前置きが長くなりましたが、手順です。

まずオリジナル言語の字幕を入力してから、英語などの翻訳字幕を作るとタイミングを自動で設定してくれるので楽です。

喋っている全文をテキストで用意→YouTube上にコピペ→自動でタイミングを設定してくれる→調整

という流れでやっていくと簡単だと思います。
(むしろもっと簡単な方法はあるのか?)

まず、デスクトップ版でYouTubeにログイン。

右上にある「クリエイターツール」へ。


ダッシュボードページが開きますので字幕を付けたい動画の「編集」もしくは▼で「情報と設定」ページへ移動します。

動画の下のにある「詳細設定」ページで動画の言語を設定しましょう。この動画は日本語です。

言語を設定したら「字幕」のページへ移動してください。

(すみません。この画像から別動画のキャプチャです)
真ん中の「文字起こしと自動同期」へ。

音声の内容を入力します。
原稿があればコピペして、「タイミングを設定」します。

およそのタイミングを自動で設定してくれるので、変な改行や、まとまりを分けたりなど、微調整します。

また、自動で出来ている字幕は酷いことが多いので、「公開停止」して「下書きを削除」で消去しておきます。

注意画面が出ますが、削除でOKです。

以上が簡単な字幕機能の設定方法です。

日本語で字幕を設定しておくと、英語などに翻訳する時にタイミングを引き継いでくれるので安心です。
もっと簡単な方法があれば、ぜひ教えてくださいね。
字幕機能、どんどん使っていきましょう!